冠婚葬祭でどうしてもお金が必要だったのです

Posted By on 2015年11月13日

お金借り入れ※少額のお金を借りるならカードローンがベストだね

私にはお金がないのに、不意に冠婚葬祭はやって来ます。でもこの時ばかりはもっとひどかったのです。なんと一か月に三回も、結婚式があったのです。招待状を受け取ってとてもびっくりしました。でも大事な人たちばかりなので、私はどうしても出席したいと思っていました。

でも運が悪く、私は仕事を転職したばかりの頃だったのです。そんな時に、結婚式に出席しないといけなくなったのです。

ご祝儀で最低でも三万円は用意しないと行けません。それの三倍必要なのです。だから私はまず両親にお金を借りることにしたのです。一番身近で一番気軽に頼めるからです。

でも両親もその頃はいっぱいいっぱいで、お金を貸してもらう事はできませんでした。そして何より三十歳を過ぎた私が、お金を借りるなんて無理があったのです。

そんな時友人からすすめられたのが、キャッシングだったのです。気軽にできるのがキャッシングだからと言って、すすめてくれました。友人は少額でも結構キャッシングしていたのです。

ご祝儀だけではありません。ドレスもバッグも靴もあるのです。だから私はキャッシングをする事にしたのです。ためらっている場合ではありません。私はキャッシングでお金を用意する事にしたのです。

お金がないって本当に恥ずかしい事です。でも何とかしないといけない時があります。私はそれが冠婚葬祭だったのです。でもそんな時、助けてくれるキャッシングがあって本当に良かったと思っています。

振り込むはずの家賃を使い込まれました

Posted By on 2015年6月25日

毎月普通に暮らしていても、経済的に困窮していた家の家計は悲惨で、家賃が払えない状態でした。

3ヶ月滞納してしまった時に、さすがに大家さんにこれ以上は考えさせてもらいますと言われたのですが、今月中に夫のボーナスが入る事になっていたので、それで補填する約束をしました。

ボーナスが振り込まれる日に慌てて銀行へ行ったのですが、口座の中は空っぽであ然としました。

驚いて夫に連絡するも、今忙しいの一点張りです。

このままじゃ、今の家を追い出されてしまうと言った所、ボーナスは夫が下ろして既に使ってしまった事を謝られたのです。

謝ってもらっても、使い込まれましたお金が返ってくるわけではないので、電話を切って金策に回りました。

でも、一介の専業主婦に貸してくれる金融(主婦でも借りれるローン)はないのです。

アルバイトやパートなら貸してもらえるそうですが、私では駄目でした。

もう一度夫に連絡して、お給料の前借りを頼んでもらおうとしても、恥ずかしいと取り合ってくれないのです。

大体、家賃が滞ったのも家賃を使い込んだのも、夫のギャンブル癖のせいなんです。

夫の両親には、遣り繰りの下手な嫁と言われてしまったし、私の両親は老々介護でそんな余裕もないのです。

途方にくれた私が思い出したのは、毎月夫のお給料から引いてる財形でした。

夫に三回目の電話をして財形の話をしたら、それなら大丈夫と手続きをしてもらいました。

今度は使い込まれませんでしたが、いい加減にお灸を据えようと決心した出来事でした。

主婦にとっての、お金の稼ぎ方や使い方

Posted By on 2014年4月4日

<☆専業主婦でも借りれるキャッシング~銀行のカードローン(http://dank-net.com/)>

私は専業主婦です。働いていないので、お小遣いとかも夫にもらわなければいけないので、少し高額なものとかが欲しいときには、毎月のお小遣いを貯めたりしています。

夫の給料で全てをやりくりしているので、全て、夫の了解を得なければいけないので、少し、息苦しい時もあります。

周りの主婦友達は、お小遣いさえない人もいます。そんな人は、だいたいパートや、会社員として働いていたりします。少しでも外で働いている主婦は、自分で働いているので、夫も、お金のことに関して、あまり口出ししないみたいです。

主婦でも会社員の人は、夫の扶養になっていないので、(自分で厚生年金に入っている)とても、仕事に対して、意欲的だし、ボーナスとかもあり、金銭的に余裕がある人が多いです。また精神的にも金銭的にも夫に依存していない人が多いと思います。

しかし女性である事は、お金に関して得だと思います。男性は嫌でもどうしても働かないといけないですが、女性は結婚してしまえば、働かなくてもいいという、選択肢もあるということです。

ブラックでも現金化の方法は沢山あるようです。

Posted By on 2014年3月17日

社会人になってすぐにお金に困りました。一人暮らしとかで出費がかさみましてね。計画性とかその時はなかったので、分かった時は焦りました。親に借りるか新た短期バイトでもするか色々と考えました。

その時は3万円ぐらいでしたかね。そこまでの金額では無かったですが、給料以外で稼ぐと言うのは難しいことです。そんな時教えて貰ったのはオークションでした。要らない物を売ってお金に変えることが出来るのでやっていました。

ですがオークションはすぐに売れるとも限りません。売れたりもしますが、期日が迫ってくると早く売れてくれないとならないのでそれも困ります。長くやっていると良いのかも知れませんが、必要な時にすぐって訳にはいきませんでしたね。

結局親に借りました。その後すぐに返せたんですけど、現金化の方法は知っておいた方が良いですよね。

ブラックでもOKな消費者金融だってあるにはあります。怖いですが・・・(こちら・・・ブラックでも借りれる金融を紹介します

バイトとかもしましたけど、時間は待ってはくれません。クレジットカードとかも持ってましたが、使えませんでしたね。知らない人に借りるっていうのはどうしても出来なくて。

工面の方法は色々とあるんでしょうが、最後に頼れるのは親と言う、嬉しくも情けない話です。

女性にとってお金の不自由さを感じる時

Posted By on 2014年2月25日

女性の多くはは主人が働いたお金を預かって、生活のやりくりをしていかなければなりません。私の主人はお金には無頓着なほうなので、お金の不自由さはあまり感じないほうだと思います。

ただ、やりくりに色々言わない変わりに、子供の教育費用やローンの支払いがどれだけ大変なのかを理解してもらえない時があります。

私は女性ローンを借りているわけでもないのに、私が管理をしないといけません。

主人が欲しい物、たとえば車の買い換えやゴルフの道具などを購入するときに、今年は子供の教育費用が増えるから今は我慢して欲しいと言っても、妥協してもらえず貯金を切り崩したりクレジットで購入という形になってしまいます。お金そのものの不自由さよりお金のやりくりの不自由を感じます。

ひとりの収入で、生活を維持するのは大変だと思います。
会社員として働いている方と主婦とでは、年間に入ってくる収入が違いますので生活をしていく上で、生活費以外に自分で自由に使えるお金の額が違ってきます。

お金に余裕があったほうが心にもゆとりがでますので、会社員として働いていたほうが良いのではないでしょうか。
ただ女性は、会社員の主婦でいれることで、税金や社会保険や年金などで 優遇され守られていることに感謝しています。

専業主婦のお金の不自由さったらありゃしない

Posted By on 2014年2月19日

私は以前夫から経済的DVを受けていました。
そのときにとても不自由な思いをしました。
私は生活費を全く渡されないということはありませんでしたが、ほとんどもらえませんでした。
生活費として月に2万円を夫からもらっていただけでした。
その2万円で食費・日用品などをやりくりしなければいけませんでした。
それに私は結婚を機に仕事を辞め専業主婦をしてたので、足りない部分は貯金を崩すしかありませんでした。
いくら足りないといっても聞き入れてもらえませんでした。

2万円のほとんどは食費に消えていきました。
一番安いスーパーを探したりしましたがそれでも足りません。
独身の頃は自由にお金を使えてたのになと思うととても不自由さを感じました。
専業主婦はお金ないです。

そして、私の貯金は後わずかになってしまい、夫に預金通帳を見せ話し合いをしました。
初めは聞き入れてくれなかった夫が預金通帳の残高の数字を見てやっと分かってくれました。
後に、必要なだけの生活費をもらえないことを経済的DVだと知りました。

専業主婦になって初めて経験した衝撃的なお金の不自由さを感じる体験でした。

今すぐお金が必要だったなんて事、山ほどあります!

Posted By on 2014年2月7日

若い時には一人暮らしが多いもので、まだ税金支払いの事や年金とか健康保険とか、様々に支払いがあるのに、ほかにすることに追われてあまり顧みないものです。

たいていの人は後になって気づくものだと思います。
よほど、家が好きで家から離れずにいられた人は別として、普通、どこか都会に移り住んだりして働いたりするものです。

だから、もちろん親と離れて、毎日きちんと料理を作っておいしい物を食べるだけでもすごいのに、税金まであちこち完全に支払ってなかったです。
書類やハガキも、実家の方に行っていたのか、私が引っ越し魔だったからいけなかったのか、届くことはなかったです。
本来ならいちいち、住民票をきちんと移転届け出しなければいけなかったのに…

あの当時の私はそんなことをしなかったので良くなかったです。反省…

両親に連絡してさえいればいいや、くらいでした。

だから何か特別必要になると、どうしても頼りがちではありました。金欠の内容によります。

でも、それは1万円にも満たない小金であり、大金を送金してもらうなどはまるっきりなかったです。

関心の高まるカードローン

Posted By on 2014年1月24日

カードローンは多くの人々からの関心が寄せられるようになりつつあり、様々な職業の人が利用しいると推測されています。

積極的にカードローンを活用する人も見受けられており、今後もこのような状態が継続されることが期待されています。

気軽に利用できるポイントが支持され、カードローンは関心を集めているのではないかと推測されています。

また、少額からのローンでも組むことができる点も注目の対象となっているのではないかと思います。